沈下修正/地盤改良ならヘリカルピア工法
ヘリカルピアシステム
施工実績フローチャートブログ会社案内 トップページ
地盤改良 New Construction

>地盤改良の概要

>地盤改良の施工方法

地盤強化
地盤補強でもう悩む必要はありません。ヘリカルピア工法は90年以上という長年の研究開発を通して、腐食土壌、地下水位の高い場所や盛土などあらゆる軟弱地盤に対応する杭基礎として設計されております。そのため、従来では適さないとされていた土地にも強固な地盤を作り、地盤沈下による不同沈下事故を起こさない住宅・商業・工業建築が可能になりました。
長所 advantage
・鋼管杭とは異なり溶接によらない接続方式
・柱状改良とは違い養生期間不要
・貫入トルク値による支持力管理が可能
・製品全てに亜鉛メッキ加工が施されており腐食に強い
・施工機械が小規模のため施工が容易
・雨天等でも施工が可能
・振動や建設発生土が生じない
施工の様子
ヘリカルピアは基礎下に1.5〜3.0mの間隔で設置され、要求される先端支持力を満たす設計深度に到達するまで鉄製のシャフトを接続しながら回転貫入させます。先端シャフトにはヘリックスと呼ばれる螺旋状の支持力盤が付いていて、振動を伴わないトルクモーターにより土の撹拌を最低限に押さえ支持層に到達させます。貫入後、杭頭部は基礎と一体化されます。
設置図 ジャッキアップ
製品選定ガイドライン
シャフトサイズ 極限支持力【KN】
SS5 3.8cm角シャフト
 0〜224
SS150 3.8cm角シャフト
224〜312
SS175 4.4cm角シャフト
312〜445
SS200 5.1cm角シャフト
445〜668
SS225 5.7cm角シャフト
668〜890
※許容支持力=極限支持力÷安全係数
製品写真
トップページへ
地盤補強の施工方法
1. 現地調査/設計  
  事前に周辺の状況(規制や障害物等の有無)、地盤、基礎及び住宅の構造・荷重等を調査します。調査データをもとにヘリカルピアの種類・間隔・深度等の選択および施工トルクの算出をします。ヘリカルピアの設計には専用ソフト(HeliCAPtm )を用います。 ソフトウェア
2. ヘリカルピア貫入  
  ヘリカルピアを油圧式トルクモーターにより設計箇所に鉛直方向(誤差2°以内)に回転貫入します。作業中は常にトルクゲージのモニタリングを行います。
ヘリカルピア貫入 エクステンション接続
  トルクゲージをモニタリングしながら、設計支持力が得られるまで継手シャフトを継ぎ足し(ボルト固定)貫入を続けます。ヘリックスは正確な螺旋構造のため、地盤を乱すことなく貫入されます。 モニタリング
3. ブラケット設置  
  シャフトの不必要な部分をバンドソー等で切断し、ブラケットと呼ばれる接続部品を正確な位置に設置します。 ブランケット設置
4. 完了  
  施工後に施工深度や施工トルクについてまとめたレポートを提出します。 杭頭部状況
トップページへ
沈下修正
地盤改良
システム概要
製品概要
支持力計算

お問い合せフォーム
ヘリカルジャパン株式会社
〒381-0001
長野県長野市大字赤沼86番地1
CHANCE
Copyright (C)2007 ヘリカルジャパン株式会社. All Rights Reserved.